エンジニアは技術ブログを書け!! Qiitaを使ってプログラミング学習

こんにちは。関東の大学に通う大学生ミンチ(@programminchi)です。今回はQiitaについての記事を書いていきます。

ひよっこ
最近よく耳にするけど、Qiitaって何?
ミンチ
Qiitaっていうのは、簡単に言うとエンジニア向けのブログサービスのことだよ。
以下でメリットも含めて詳しく説明していくね!!

 

Qiitaとは?

Qiitaというのはプログラミングについて勉強した内容を記事に書いてアウトプットしたり、他の人のアウトプットの内容を閲覧したりできるサービスです。

良質な記事や注目度の高い記事には、いいねやコメントがたくさんつくので、記事を書くモチベーションにもなります。

ミンチ
いいね数などでランキングが出るから注目されている記事が一目で分かるよ。

プログラミングを勉強しているエンジニアなどからしたら、とても良い勉強の場になりますね!

 

Qiitaを使うメリット

ここではQiitaを使うメリットを紹介していきます。

ひよっこ
実際Qiitaを使う必要性ってあるの?
自分のブログでアウトプットすればいいんじゃない?
ミンチ
自分のブログでアウトプットもいいけど、QiitaにはQiitaの良いところがあるんだよ。

 

多くのエンジニアに見てもらえる

Qiitaでは基本的に、記事を公開した直後は多くの人に見てもらえます。

実際に僕も、初めてQiitaに記事を公開した時、その日だけで100pvくらいは見られました。

ミンチ
個人ブログだとなかなかここまで多くの人に見てもらうのは難しいよね。

さらに、Qiitaを利用している人はほとんどエンジニアやプログラミング学習者なので、コメントを通してフィードバックをもらえたり、間違いを指摘してもらうことができます。

プログラミング初心者にとって、間違いをすぐに指摘してもらえるのはとても良いことですね。

 

ポートフォリオになる

エンジニアとして働きたいという人がいた時に、Qiitaでアウトプットしている人と、全く成果物やアウトプットしているものがない人。

普通ならばアウトプットしている人を採用します。(内容にもよりますが)

ポートフォリオのない人が何かを言ったところで判断基準がありませんからね。

自分がプログラミングに関して興味ある内容や、勉強している内容についてアウトプットをしていれば、その業界の人から声をかけてもらえるといったこともあるかもしれませんね。

 

純粋に勉強になる

勉強したことを記事に書き起こすということをしたことがある人は分かると思いますが、本当に理解していないと、言語化することは難しいです。

よって、自分が勉強した内容をアウトプットするということは、それ相応に学習した内容に対してしっかり理解することが求められます。

ひよっこ
間違いを指摘してくれる人がいるとは言ってもあんまり適当なことは書けないからね...。

さらに、勉強した内容を記事として書き起こすことで、後からの復習も容易になります。

 

まとめ

この記事を読んで、Qiitaというサービスを初めて知った人もそうでない人も、Qiitaがなんだかいいサービスだなって思ってくれたんじゃないかと思います。

ひよっこ
なんだか想像以上に便利そう!
ミンチ
登録もメールアドレスだけで簡単に始められるよ!

皆さんも是非、Qiitaに登録して勉強した内容を気軽にアウトプットしていってください。

 

 

今後も定期的にコンピュータ系の記事を発信していくので是非、興味のある人はツイッターの方もフォローお願いします!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です